religionsloveの日記

室町物語です。

2022-07-07から1日間の記事一覧

塵荊鈔(抄)⑪ー稚児物語4ー

第十一 文の途中ですが、話題が「鏡」に変わるので回を改めます。 (玉若の夢を花若が叡山の衆徒に語ったが、) 比叡山三塔の大衆は衆議して、「鏡を置くのは問題ないだろう。」と議定なされましたが、ある若い衆徒の中から、「舞の座敷に水鏡を置くのは危な…