religionsloveの日記

室町物語です。

2022-06-28から1日間の記事一覧

塵荊鈔(抄)⑩ー稚児物語4ー

第十 夜も明け方になろうとして、寒々とした磬の音は尽きて読経も果ててしまいました。花若殿もしばらく睡眠に入りなさると、玉若殿が鮮明に夢の中に現れてお告げをなさいます。 「私は運命の定めがあって、人の身を変じはしましたが、まだこの土に宿縁があ…