religionsloveの日記

室町物語です。

2022-06-15から1日間の記事一覧

塵荊鈔(抄)⑧ー稚児物語4ー

第八 以下玉若の遺書 「それにしてもまあ、竹馬で遊んだ春のころから、同じ桜の花簪を挿したその桜の木の本で、師匠と花若殿と三世の契りを交わした言葉も、今となっては空しくなってしまいました。今、十五の秋の末となって、別れが近づこうとしていますが…