religionsloveの日記

室町物語です。

2022-09-12から1日間の記事一覧

塵荊鈔(抄)⑭ー稚児物語4ー

第十四 さて、花若殿は、朋友の玉若殿との別れといい、頼りになさっていた師匠との御別れなど、あれこれ世を厭う思いがますます深くなっていき、「いつまで他の人が先立って、最期に行く死出の道を嘆くのだろうか。恩愛別離の悲しみ、老少前後の恨み、何事が…