religionsloveの日記

室町物語です。

2022-08-03から1日間の記事一覧

塵荊鈔(抄)⑬ー稚児物語4ー

第十三 そうしているうちに右方の舞手が「新鳥蘇」という、鳥類の楽を舞っている最中に, 虚空から白鷹が、千部経の結縁(法会)のためにでありましょうか、舞下りてきました。 およそ吾が朝での、放鷹(鷹狩)の起源を申し上げますと、人皇十七代の帝、仁徳…